塾を経営するなら独立開業かフランチャイズか

メンズ

経営に関する安心サポート

握手するメンズたち

初めての独立・開業では、その経営において様々な問題にぶつかります。大阪に住む経営者の中にも、そういった経験をしたことがある人が多くいるでしょう。もし、これから大阪で独立・開業する方がいるのであれば、開業支援コンサル会社の利用をお勧めします。

詳細へ

サポートを依頼する

シャンプー台

美容室の開業を検討している経営者にとっては、さまざまな準備が大切になってきます。しかし時間をかけて戦略を練っても、成功しない場合もあります。経営のプロに相談することをおすすめします。

詳細へ

どちらが有利になるのか

男性と女性

塾の経営で独立を考えている場合は、どのような経営スタイルを取るかが重要になるでしょう。個人でイチから準備して独立を果たす経営者も多いですが、経営のノウハウを持ち、戦略的に開業をしないと、塾を安定して運営していくことは厳しい場合があります。塾で独立を考える場合に大切なことは、集客すなわち、いかに生徒をたくさん集めることができるかにかかっています。生徒数がたくさんいるエリアに塾の物件を決めることがまずは、大切になるでしょう。人口密度が高く、塾に通わせることができる経済的にも余裕がある家庭が多く暮らすエリアがおすすめです。教育に力を入れているファミリーが多い新興住宅地も狙い目だといえます。新興住宅地であれば、まだライバルとなる塾の進出が少ないといえるので、生徒を集めることがスムーズな状況になるでしょう。しかし、こうした戦略を個人で練って実践していくのは、リスクが高い場合もあります。よりリスクの低い安定した経営を目指すなら、フランチャイズに加盟して塾を経営するのもよいでしょう。特に業界経験が浅いのであれば、経験を積む上でもフランチャイズの経営ノウハウを学びながら実践していくことはとても有益なことだといえます。では、フランチャイズを選ぶときには、どのようなポイントを重視するべきでしょうか。まずは、ロイヤリティなど費用の面が明確であることもポイントが高いでしょう。知名度が期待でき、集客を見込めることがフランチャイズの魅力ですが、独立して成功した場合よりも、経営者の利益は低くなることがネックだといえます。

香港に中間法人を置く

男女

日本企業が上海に現地法人を置く際には、株主への配当源泉が10%掛かってしまいます。しかし、中国本土とは法制の違う特別行政区の香港に会社設立(中間法人)することによって、配当源泉を5%に抑えることが可能です。

詳細へ